ニュース - 2009

2009上海ソフトウェアアウトソーシング国際サミット

2009-10-21


上海市のソフトウェアと情報サービスアウトソーシング産業の国際化を推進するために、「自信、責任と協力」をテーマとした「2009上海ソフトウェアアウトソーシング国際サミット」が2009年10月21日、上海虹橋迎賓館にて開催されました。上海市政府副秘書長、市商務委員会主任沙海林氏が司会を務め、副市長唐登杰氏が出席され、開会式で挨拶をしました。今年で、このサミットは第6回目となりましたが、今回は初めて上海市政府の名義で開催されました。開会式で、海外のブロバイダに“金百合”賞、“2008上海ソフトウェア輸出企業前10名”及び“上海ソフトウェア輸出(創新)団地”の顕彰式が行われました。わが社のお客様二社が“金百合”賞を受賞されました。そして、わが社もソフトウェア輸出企業の前10名にリストアップされています。 


開会式の後、わが社社長包叔平氏が“ソフトウェアアウトソーシング企業がハイエンド市場へ”のパネルディスカッションを主宰しました。上海市商務委員会国際アウトソーシング貿易処処長孫嘉栄氏、上海啓明谷軟件股份公司董事長王徳銘氏、上海交通大学軟件学院院長傳育熙氏、野村総合研究所資産運用サービス開発一部長兼金融システム開発総括部上級専門職末広義人氏、KPMG Chinaパートナ梁慧寧氏がパネリストとして意見を発表されました。皆さんはそれぞれ発注者、受注者、政府また大学の立場から中国のソフトウェアアウトソーシング事業これからの方向について議論をしました。


 

1989-2019(C) 2019 Hyron software. All Rights Reserved. お問合せ  |  免責事項  |  サイトの利用規定  |  ライバシーの取扱いについて  |  海隆软件是中国著名的软件企业