ニュース - 2007

ハイロンソフト四度目「国家規劃布局内重点軟件企業」と命名された

2007-01-25


1月、上海市信息委は正式に2006年度「国家規劃布局内重点軟件企業」と命名された26の会社に証書を手渡した。わが社もその一社である。わが社にとってこの称号をもらったのは四度目である。この称号を受けた企業にとって最も大きいメッリトは企業の所得税の税率は10%となることである。


以下は「上海商報」の記者金琳さんが書いたわが社に関する記事である 


ハイロンソフト 
内力が充実しているオフシェア 


上海のソフトオフショア開発の企業の中、「ハイロン」は見過ごされることのできない会社です。ハイロンは日本向けのオフショア開発を主業務として、近年飛躍的な発展を遂げました。売上げが2002年の5300万人民元から2005年的1億人民元以上になり、ソフト輸出も2002年的350万米ドルから2005年的1000万米ドル以上に達成しました。三年間、売上げ倍増、輸出額が3倍になりました。 


ハイロンソフトは日本のソフト市場を詳細に分析し、次の結論に達しました。「日本のソフトマーケットは少なくとも10年以上の持続的な拡大を見込んでいます。中国のソフトオフショア開発規模はまだ日本市場の2%~3%くらいしか占めていません。今後この比率は日本市場的20%~30%なることが合理的な数字であろうと認識して、来たる3~5年が市場の開拓の決戦期と見ています。中国は日本のソフト市場において、低コスト、相対的な高い技術力、漢字文化を共通している故に、優勢を持っていると認識しています」


上海の各一流大学において、情報関連専門の学生は「ハイロンソフト」という名に親しみを持っているはずです。これは、ハイロンの人材戦略がもたらした結果というほかありません。ハイロンソフトは毎年、100名以上新卒大学生を迎え、すばらしい就職チャンスを提供することになります。合理的な人材構成はハイロンソフトの底力になり、技術水準が高く、異文化に対する理解力、コミュニケーション力、管理水準が高い開発チームが成長してきました。総経理の包叔平氏自身も合理的に構成された会社の業務内容に満足しています。長年の努力により、会社は日本向けのオフショア開発の専門会社になり、輸出額が売上げの95%くらい占めています。   ハイロンの固定顧客群、強力な開発チームおよび市場開拓能力が将来に向けて30%以上の成長を保障するでしょう。

1989-2019(C) 2019 Hyron software. All Rights Reserved. お問合せ  |  免責事項  |  サイトの利用規定  |  ライバシーの取扱いについて  |  海隆软件是中国著名的软件企业