ニュース - 2001

交大・オムロン手を携えて、ソフト輸出基地を建設 (2001年7月24日「上海経済報」)

2001-07-24


上海ソフト業界のブランドを全中国市場に、いや世界市場に売り出し、上海ブランドの競争力を高める絶好の策がここにあった。上海交通大学と日本のオムロン株式会社が共同で建設したソフト輸出基地建設プロジェクトが正式に始動したのだ。重量級レベルのこのソフト輸出「旗艦船」は上海オムロン計算機有限公司と上海華鐘計算機ソフト開発有限公司が、上海古徳投資コンサルティング有限会社と協力し、増資手続きを経て作り上げたものである。このソフト輸出基地は交通大学、オムロンの持っているハイテク技術、マーケットシェア、資金力、管理ノウハウ等の底力をフルに活用して、活動していく。海外とくに日本市場、さらに欧米ソフト市場に向けて、大きな衝撃となるだろう。上海交大オムロンソフトウェア株式会社は、ソフト開発、管理言語等の面で総合的技術力で優位に立っているだけでなく、ERP、中国語インプット、言語識別、リサーチ・エンジンなどの核心的技術、更に交通道路情報システム管理などの分野で中国ソフト業界のトップ集団に位置している。同時に、国内B2Bエレクトロニクス・ビジネス・ソフト市場やSIにおいても、広大な発展の可能性を持っている。

1989-2019(C) 2019 Hyron software. All Rights Reserved. お問合せ  |  免責事項  |  サイトの利用規定  |  ライバシーの取扱いについて  |  海隆软件是中国著名的软件企业