ニュース - 2010

ハイロンでCMMI®成熟度レベル4を達成

2010-10-29


ハイロンは長年培ってきたソフトウェア開発管理をソフトウェア業界の国際標準であるSW-CMMに適合し、組織の標準的なプロセスシステムを構築・運用することで、ソフトウェア開発全ライフサイクルに渡って、一貫した品質確保体制でお客様に満足頂ける最適なソフトウェア・サービスをご提供しています。ハイロンは、組織としての成熟度を高めるために2002年よりSW-CMMの取り組みを開始、2004年SW-CMMレベル3を達成しました。その後もプロセス改善活動を継続してきました。日本向けオフショア開発業務の拡大に伴い、これまで蓄積してきた実績データを活用し、統計手法を用いた定量的プロジェクト管理手法を充実強化した結果、2010年10月第一海外開発事業部にてCMMIレベル4を達成しました。今後もレベル4達成に満足せず、整備した開発プロセスや経験、ノウハウを他部門にも展開し、高品質なオフショア開発サービスを提供するための組織的なレベルアップを継続的に行っていきます。


1989-2019(C) 2019 Hyron software. All Rights Reserved. お問合せ  |  免責事項  |  サイトの利用規定  |  ライバシーの取扱いについて  |  海隆软件是中国著名的软件企业