ニュース - 2011

2011年忘年会 2011-12-29

 

2011年12月29日、わが社恒例の忘年会が上海青松城ホテルの宴会場にて開催されました。当社社員そして各関連会社の代表者と合わせて1000人ほど盛大なパーティでありました。 


副総経理の潘世雷氏を司会し、董事長兼総経理包叔平氏が全社員に新年の挨拶を述べました。さる一年わが社が得た良い業績について全社員に感謝の意を述べ、そして新しい一年に皆さんさらに一丸となってわが社のより一層堅実に大きくなっていきたいと全社員への期待も述べました。 


そして参加者一同祝杯をあげ、共に来年もよい年であるようにと祈りました。

「HYRON」「海隆」を「上海市著名商標」の称号を贈られ 2011-12-25

 

近日、わが社が登録した商標「HYRON」「海隆」を上海市工商行政管理局から「上海市著名商標」の称号を贈られました。 


それは、わが社長年の間にお客様に良質の商品やサービスを提供し、業界内常に評判されていることについて政府から送られたご褒美であります。


冬定期PM研修会 2011-12-02

 

2011年12月2日、わが社が上海華凱華美達広場ホテルにて恒例のPM/TM研修会を開催しました。 


初めに、董事長兼総経理包叔平氏が開会の挨拶を述べました。わが社今年度の業務状況や業界の全体像などについて分析し、良い業績を出したことについて参加者の皆さんに感謝し、そしてこれからわが社の経営方針や戦略について説明しました。その後、参加者の皆さんがグループに分けて、わが社の経営や将来性などについて熱烈に語り合いました。


     
 

第六回目「ハイロウカップ」運動会 2011-11-19

 

2011年11月19日、わが社第六回目「ハイロウカップ」運動会が上海華東理工大学の体育館にて盛大に開催され、社員たちもそれぞれ活躍しました。 


例年と同じようにバスケット決勝戦によって「運動会」の幕を開けました。その後卓球とバットミントの団体戦も行われましたが、本当に「運動会」を盛上げたのはそれらの試合の合間に行われた縄跳びやゴルフリレーや親子リレーなどアトラクション項目でありました。選手、審判員、応援団そして観客すべて社員とその家族たちであります。選手は真剣に勝負を競い合って、観客から歓声をあげて大きな拍手を送りました。 


最後、欧米事業部と管理本部連合チームが総得点一位で「ハイロウカップ」を獲得しました。


  
 

「2011年度上海スターソフトウェア企業」の称号を贈られ 2011-11-03

 

2011年11月3日、上海市ソフトウェア業界連合が「第三回上海ソフトウェア革新フォーラムおよびソフトウェア品質管理とプロセス進歩年次例会」を上海複宣ホテルにて盛大に開催されました。このフォーラムは第五回ソフトウェア品質世界大会の重要な一部分でもあります。 
このため、主題は「革新、サービス、レベルアップ」とし、「ソフトウェアの革新、サービスの革新の元にソフトウェアサービスのレベル向上」を指針として、議論が業界の皆さんのなかで展開されてきました。 


上海ソフトウェア開発業界の一大事として、さる一年に業界内優秀な企業を表彰されました。わが社に2011年度上海スターソフトウェア企業(経営類、輸出類、革新類)」の称号を贈られました。



2011年第三四半期業務会議 2011-10-28

 

2011年10月28日、わが社の2011年第三四半期業務会議を開催されました。 


まず、社内各部門、子会社の代表者それぞれの部門の業績や課題について発表し、議論しました。 


2011年1‐9月、昨年に引続き速いスピードの成長を保ち続けました。9月30日まで、総売上2.88億元、同比46.73%アップ、純利益4,818万元、同比92.28%を達成しました。 


最後、董事長兼総経理包叔平氏がこれまで達成した良い実績について社員一同に感謝の意を述べ、そして、これから海外向けのオフショア業務の基盤をよりしっかりと築き、と同時に国内業務の開拓に力を注ぎ、わが社を国際視野のある総合的なIT企業とつくりあげますと意欲満々に語りました。

 

欧米のお客さまからの表彰 2011-10-19

   

2011年10月19日、米国YellグループグロバールニューメディアプラットフォームCEO Richard Gallagher氏がわが社に訪れました。Richard氏がわが社の欧米事業部の開発チーム過去一年間の開発実績に高く評価し、そしてチームの優秀な個人に“ベスト革新”、“ベスト成績”、“ベストコミニュケーション”などの賞を贈りました。訪問中、Richard氏とわが社総経理包叔平氏とこれからYellグループの協力についても語り合いました。


 

 
     

2011年度春PM/TM研修会 2011-06-10

 

6月10日、嘉興のサンシャインホテルにて、恒例の上海ハイロンソフト春PM/TM研修会が開催されました。今度の研修テーマ「創新」に因み、社長包叔平氏が開会の挨拶を述べました。近年ハイロンの発展と業界状況を分析したうえ、わが社これからのビジョンについて解説ました。最後に、会社の業績に多大な貢献をした中堅幹部の皆さんに感謝の意を述べました。


開会式の後、参加者がチームに分けて、研修テーマについて熱烈な議論を展開しました。二時間ほど経過して、主会場へ戻り、各チームの代表が全員の前で結果を発表することにより、会場の雰囲気を盛り上げました。


   


海隆在日社員春の日帰り旅 2011-04-29

 

ゴールデンウィークを目の前にして、東京あたりの、生活も徐徐に元通り戻り、当社100%出資した現地法人日本海隆株式会社が日本海隆の現地社員と上海海隆オンサイト作業社員これまでの労をねぎらうつもりで、ゴールデンウィーク中二回の「東京近郊春の散策」を催した。 


一回目は4月29日、ゴールデンウィークの初日の高尾山登りであった。普段それぞれの現場で働いている40人ほどの社員が久し振りに集まりました。新緑の中で、皆さんは共に関心のある話題を語り合い、情報交換しながら山頂を目指して歩き、昼ごろにようやく山頂まで辿り着きました。やわらかい山風を受けて、お弁当を広げて楽しい会話がいつまでも続いていました。普段運動不足のせいか少し疲れ気味のようで、でもいい汗をかいて、山の色とりどりの景色を眼のあたりにして、帰り途に気持ちはとても軽やかな一日でした。 


二回目は5月4日で、テーマは「水と新緑」でした。この日、上海の管理本部の皆さんも駆けつけ、東京の駐在社員と合わせて50人ほど、新宿で待ち合わせてから、目標の奥多摩湖を目指して出発しました。皆さんは各々の体力に合わせてJR古里駅から、徒歩で奥多摩湖までハイキングするか、それとも電車、バスで行くかを選択することができますが、結局、ほとんどの人は歩くことにしました。途中の河原で水遊びを楽しんだり、森林浴でリフレッシュしたりしました。


大震災や原発問題など心痛ましいニュースが多い中、仲間たちと一緒に自然の中で過ごし、心身ともリフレッシュができて、困難な状況を乗り越える元気が湧いてきました。


         
 

お花見 2011-04-15

 

春はお花見の季節です。毎年、桜の咲く頃には、皆で桜の下に集って、お喋りしたり、遊んだり、いろいろな悩みを忘れて、桜が一斉に開くように輝く一年を願うものです。しかし、今年は例年とは違います。3月11日、日本の東北地方に、マグニチュード9の大地震、そして、津波と原発事故などさまざまな大災害が続きました。皆、今年はお花見などできないと思っていたのですが、こんな時だからこそ、ハイロンは今年もお花見会をしっかりと催したのでした。4月3日午前、井の頭公園に、東京駐在の社員たちが 集まりました。この日は上海から、人事と労働組合の代表も駆けつけて、東京駐在の社員と合わせ、合計70名余りの参加となりました。皆、仕事を半日ぬけて、桜の下に車座にすわり、一緒にお弁当を食べたり、遊んだり、本当に楽しいひとときを過しました。バラバラに住んで働いている社員たちが集まって、共に関心のある話題を語り合い、情報交換をし、「お互いにハイロン同士」という一体感が更に強まった一日でした。


      
 

徐匯区過剣飛区長が会社を視察 2011-01-27


2011年1月27日午後、徐匯区過剣飛区長、趙恵琴副区長御一行がハイロンソフトを視察しました。会社董事長兼総経理包叔平氏が過区長御一行の御来訪に対して、歓迎の意を表すと共に、ハイロンの会社経営状況などを報告しました。現場視察などを経て、過区長はハイロンの今までの業績を評価したうえ、今後とも、徐匯区のサンプル企業として、情報サービス産業の繁栄及び社会貢献のために、更に国内、国際でも一流のIT総合サービス企業になるように祈念していると述べました。


      


1989-2019(C) 2019 Hyron software. All Rights Reserved. お問合せ  |  免責事項  |  サイトの利用規定  |  ライバシーの取扱いについて  |  海隆软件是中国著名的软件企业